安定した生活を求める|収益物件探しのコツを知ろう

穴場は必ずある

つみきの住宅

右肩下がりの時代

副業としてブームが続いているマンション投資ですが、なかなかうまく行かないという人も多いのではないでしょうか。人口は減少トレンドが固定化し、戦後に一貫して増えて続けてきた世帯数も減少に転じようとしています。このように需要が伸びない中で収益物件を見つけるのは至難の業です。大都市の都心部であれば、都心回帰減少が今後も続くでしょうから、優良な収益物件もあるのですが、価格が高くてなかなか手が出ないというのも事実です。不動産経営の環境が悪化する中で、価格が手軽で安定的に収益が得られる物件を期待するのは難しいのでしょうか。いえ、そんなことはありません。確かな視点と戦略を持って探せば、コストパフォーマンスの高い収益物件と出会うことは可能です。

人口の動きや開発に注目

では、どのような点に着目して物件を探せばよいのでしょうか。まず、購入を検討している地域の開発の動きを日ごろからウォッチしておくことです。一つの例として、商業施設の進出があります。最近は駐車場スペースが確保しやすい郊外だけでなく、街中にもショッピングモールが出店されるようになりました。こうした施設の進出が決まった地域は、いまは寂れていて不動産価格が低迷していても、一気に息を吹き返して人気エリアとなる可能性を秘めています。それから、ブランド力がなかったり、かつての悪評判を引きずっている地域にも注目です。バブル期やそれ以前に治安が悪かったエリアは、一定の年齢層以上には敬遠される傾向があります。しかし、最近の若者はそうしたことを気にしない人が増えてきています。特に若者向けのワンルームなどの物件では、入居者が簡単に見つかることがあります。こうした不人気エリアも、収益物件探しとしては狙い目です。

不動産投資に最適

駐車場

駐車場を施工する場合、規模によりコストが安く時間もかからずに開業することができます。利益分で固定資産税を払うこともでき、空き土地の有効利用として、不動産投資として近年人気がでてきました。立地がよければ大きな利益となります。

営業力も強い会社と契約を

模型と女性

いかに良い不動産会社を見つけて契約するかが、サブリースで収益を上げるための工夫ポイントです。そのためには不動産会社の営業力や管理・運用能力も大事です。サブリースの活用テクニックの1つとして、確定申告の手間を減らすこともできます。また契約先の不動産会社の税理士の助言を得ることも可能です。

一括の借り上げサービス

住宅とお金

一括借り上げとは、アパート経営などにおいて全ての部屋を丸ごと業者が借りるシステムです。賃借人がついているか否かに関係なく家賃が入ることになります。ただし周辺の家賃相場より安い金額設定となることに注意が必要です。